車の塗装を行う手順を解説します

自動車のボディは塗装が施されていますが、何らかのものと接触した場合、キズが付きそこから次第に腐食が進み、塗料が剥がれる懸念があります。錆び付く前に修理と塗装をする必要があります。自動車は金属のボディを搭載していることから、地金が錆びてしまうのでボディの防錆の意味で塗料を塗ります。塗料の役割はほかにも様々あります。一台一台色が異なるのは、購入者が自分の好みの色をオーダーするもので、カラーリングによる美観の目的があります。近年の塗料は性能が向上し、断熱や遮熱効果があり、細かなキズが付きにくい塗料も多くなってきました。大きなキズであれば、板金工場などで修理が必要となるでしょうが、軽度な擦りキズであれば、セルフ修理が可能です。ここから修理の方法についてお話します。

最初にしっかりと下地の処理を行う

ボディに擦りキズが付いた場合、塗料を塗る前にキズが付いたボディの下地処理をする必要があります。下地処理の手順としてまずは、キズの部分周辺を広範囲に洗いましょう。キズの付いた部分は特に念入りに洗い流し、次にキズを耐水ペーパーで平らにします。キズの深みが1ミリ以上ある場合は、水分をふき取ってパテでキズを埋めます。パテが乾燥してから、再び耐水ペーパーでボディとフラットになるまで研磨します。指先でフラットになったことを確認します。さらに水分をふき取り、キズ部分に水を数滴落とします。ボディがフラットになれば、水は一直線に落ちますが、フラットでないと段差で水が引っ掛かります。下地処理が出来たら、水分をふき取り、乾燥してから塗料の下塗りを行います。下塗りをすることで、上塗りがなじみやすく塗料と地金の密着性が高まります。

上塗りをきれいに仕上げるためには

塗料はホームセンターやカーショップで販売されている、カーペイントを購入します。塗料のナンバーが合致しなければ塗装を施しても色むらになります。カラーナンバーは、車のドア内側やエンジンルーム内にある型式表示プレートにカラーナンバーが記載されているので、合致するナンバーの塗料を購入しましょう。塗料が飛び散らないように広い範囲に養生を行います。少し広めに範囲をとり、スプレー開始です。20㎝程度ボディからスプレーを話して、左右に大きく振るかたちでスプレーを塗ります。一度ではなく、数回に分けて塗り重ねると液ダレしにくいです。十分に塗り重ねたら、ぼかしを使用し、境目を分かり難くします。乾燥してから養生を外し、コンパウンドを使用して表面を研磨し磨きをかけて仕上げます。