車に塗装する色々なもの

車の塗装には大きく分けて、ソリッド、メタリック、パールの3種類があります。まず1つはソリッドです。ソリッドとは単色の事をいいます。白や赤などの一色で塗るボディカラーです。メタリックやパールと比べると、比較的簡単に施工する事が可能です。色塗りは薄い方が長持ちするので耐久性を考えるとソリッドが1番です。メタリックは微粒のアルミ片の事をいいます。このメタリックはサイズや種類が豊富です。ソリッドカラーにメタリックを混ぜて施工する事をメタリック塗装といいます。メタリックを施工すると光の反射などでキラキラ輝いたり、見る角度によって色目が変化します。パールはマイカの微細な粒の事です。それをソリッドカラーに混ぜて施工する事で、真珠のような輝きを生み出します。

車の塗料は層になっているのはなぜか

塗装は層になっています。通常は4層で塗られていて、下塗り、中塗り、上塗り、クリアとなっています。この層が非常に重要です。下塗りをする事で下地と塗料の密着度を高めます。また、サビ防止にも効果的です。中塗りは上塗りの補強が目的になります。基本的に上塗りと同じ塗料を使用します。上塗りはボディの色になります。クリアは保護する役割があります。また、光沢を出したい時などにも使用します。このようにそれぞれに役割があります。とても重要なのでオールペイントなどの際にはしっかりと施工する事をおすすめします。特殊な塗料だと更に層が増える場合もあります。また、プラスチックの部分にはプラスチック専用の塗料が使用されています。プラスチックには塗料がのりにくいという特徴があります。

最近人気の艶消しカラーについて

最近ではつや艶を消したカラーが人気を集めています。特に映える黒い艶消しカラーが人気です。光沢を出す方法とは違い、表面にでこぼこをつけます。細かな凸凹が光を拡散させ、艶を消したような質感に仕上がります。感触もツルツルではなく少しザラザラした感触になります。非常にかっこいいカラーですがお手入れが大変です。でこぼこしているので汚れが付着しやすく、落としにくいというデメリットがあります。オイルのシミなども落とす事は難しいです。洗車機も使用できないのでこまめな手洗いをする事が重要です。最近では艶消しカラー専用のコーティング剤なども販売されています。最大のメリットは耐久性がアップする事です。また、メンテナンスなどもコーティングをしていると非常に楽になります。